DTMとか曲作りとか。

音楽制作DTMブログ

DTM歴18年で培った知識をシェアします

アーティストネームの種類【本名、芸名】


こんにちは。

 

音楽活動されている方には必ず名前があります。

 

それは本名だったり、バンドであればバンド名だったり、ソロでもアーティストネームを付けて活動している場合もあります。

 

今回は、アーティストネームのタイプ別について考えてみます。

 

 

1.本名タイプ


文字通り本名を使用する場合です。

旧漢字だったりするときは分かりやすく置き換えてる場合もありますね。濱田→浜田など。
バンドからソロになった人にも多いイメージです。


メリットは「どーもー○○です」というように、いつもの自分と変わらない感じで人と接することができる点。
デメリットは熱狂的なファンやアンチができたときにプライバシーが損害される可能性があるかもしれません。


例:奥田民生桑田佳祐、米津玄師

 

2.本名もじりタイプ

あだ名など、本名をもじったものです。
また、苗字は本名だけど、下の名前が芸名である場合も含みます。


メリットは昔から呼ばれてるものであれば愛着あるし、呼ばれても違和感がないです。
デメリットは、呼びにくい、発音しにくいときはマイナスであること、既存の方との丸かぶりに注意です。検索時に自分が出てこなくなってしまうので。


例:タッキー、HIRO、岡崎体育氷川きよし

 

3.全く関係ない姓名タイプ


本名っぽい(苗字+名前)けど、本名とは全く関係ないパターン。


メリットは自分の本名関係ないのでプライバシー面で安心できます。
デメリットは自分の中で浸透してないと呼ばれたときに違和感あるかもしれないこと、後々嫌になる可能性があることです。何かに由来していたり、誰かに命名されるとまた違うかもしれません。


例:松田聖子加山雄三

 

4.本名関係なし、英語表記の名前タイプ


個人というのを知らなければグループなのか外人なのか不明なパターン。
近年のアーティストに多く感じます。

メリットとして、検索性に優れた名前を決めることができ、プライバシーも安全です。

デメリットは、造語である場合は読み方が伝わりにくい場合があります。


例:Avicii、ZEDD、Banvox、tofubeats

 

 

 

いかがでしょうか。

大きく分類するとこのような感じでしょうか。

 

もし、これからアーティストネームを考えていく場合は、検索されやすいことも大事な点なだと思いますので、エゴサーチして事前に被りがないかはしっかりチェックした方が良さそうですね。

 

アーティストネームの決め方や意識することなどについては、また別の機会に記事にしたいなと思っています。

 


ではまた!

 

本名と芸名についてはこちらのまとめが非常に面白いです。

matome.naver.jp

 

 

 

 

chame.hateblo.jp